変身!『ショウガ』を加熱すると、効果も増大?!毎日のお料理で『ショウガ』パワーを実感しよう!

前々章のおさらいですが、生の『ショウガ』に含まれる“ジンゲロール”は、加熱すると“ショウガオール”という成分に変わります。

“ショウガロール”はカラダの中を芯から、つまり内臓からしっかりとあたためてくれる効果があります。

お料理に使うときには、この“ショウガオールの”効果をしっかりと引き出しつつ美味しくいただきたいものですね!

ほんの少量の『ショウガ』を毎回のお料理に入れることにより、そのポカポカ効果を得られるだけでなく、風味が増して食欲増進にもつながります!

お料理の裏の立役者『ショウガ』を美味しく健康的にいただきましょう!

 

『新ショウガ』と普通の『ショウガ』。お料理に使うのにはどっちがいいの?

『新ショウガ』ってナニ?その食べ方について

『新ショウガ』とは、種類によって夏頃から秋頃くらいにスーパーの店頭に並びます。

その見た目は、茎につながる生姜の根茎(こんけい)の先端がピンク色で、『ショウガ』自体は白っぽいです。
料亭の朝ごはんなどで、よく焼き魚に添えてある『新ショウガ』を見かけます。

辛さはスッキリしていてしつこくないので、『ショウガ』好きの方なら生のままお味噌につけたり、ハチミツ漬けにしたりして頂きます。

食感が柔らかいのが特徴なので、針生姜にしてごはんに混ぜ込むには最適です。※この後コツをご紹介♪

普通の『ショウガ』って?その特徴について

普通の『ショウガ』は、どの時期でもスーパーにある、茶色で皮が乾燥したもので正式名称は“ヒネショウガ”です。

収穫してからある程度保存し乾燥してから出荷するので、全体的に固く、繊維の存在感も充分にあります。

そしてどっしりとした辛さはこちらに軍配!だから薬味には“ヒネショウガ”が主流です。

つまり『新ショウガ』と普通の『ショウガ』、どちらもよし!

『新ショウガ』と普通の『ショウガ』を使い分けなければならない明確な規定はありません!

ですが、柔らかい/固いという“食感”を考慮してお料理に使うといいですね。

旬の時期には新ショウガを楽しみ、それ以外の時期にはヒネショウガを使う…。

とにかく、年中無休で『ショウガ』を使えるのが嬉しいところです!

 

冷え性解消!一押し『ショウガ』レシピ!そのコツも伝授!

まずは『新ショウガ』から、炊き込みご飯を召し上がれ♪

1番のオススメは新ショウガの炊き込みご飯です。

味付けはいつもの炊き込みご飯のお出汁を若干濃くした感じでOK!

そんなの面倒…という方は、市販の炊き込みご飯の素にショウガを入れるだけでOK!

まるで手作りしたような出来栄えに彼氏も家族も絶賛間違いなしです!

コツは、“繊維に沿って少し長めの千切りを入れること!”

これで新ショウガの風味と食感を存分に引き出します!

盛り付けには青ネギを散らし、見た目も鮮やかな食欲をそそる逸品の完成です!

お次は普通の『ショウガ』。定番の炒め物に必須食材として♪

炒め物に『ショウガ』を入れる、それだけで風味が変わります!

例えば“野菜炒め”、“麻婆豆腐”、“肉そぼろ”など、サラダ油を使って炒めるものすべてに『ショウガ』をお好みで加えます。

『ショウガ』好きの方なら千切りかみじん切りで。『ショウガ』が苦手な方ならすりおろして加えます。

コツは、“最初に炒めて加熱すること!”

風味が出るだけでなく、加熱することによってショウガのポカポカ効果を最大に引き出します!

 

冷え性撃退!毎日『ショウガ』を摂取して、快適な冬を楽しもう!

年中無休の『ショウガ』は私たちにとって、とても身近な食材です。

冷え性で困っているあなたにとって、食材から得られるポカポカ効果は安全で安心ですよね!

切り方を変えるだけでその食感がぐんと変わってくる『ショウガ』。

お料理の苦手な方にとっては、“いつもよりワンランクアップな味”を演出してくれる一番の味方です!

自分に美味しい!周りも美味しい!そんな『ショウガ』料理で毎日をあたたかく過ごしましょう!